インプラント治療

インプラント治療

インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。 そこで、病院でCT検査を行うことによって顎の骨の断面画像を撮影し、歯科医院ではその画像を見ながら治療の計画を立てます。より安全で、無理の無い治療を受けることができる最新の方法です。

【当クリニック使用ソフト:シンプラント】

インプラント治療の新しい流れ

従来のインプラントは経験豊かな一部の歯科医が経験に基づくカンとスキルによって実施していました。 従って、インプラント治療の適応や限界もそれらに頼っていたため、 インプラントの恩恵を受けられる患者さんは限られていました。
近年の工業製品のように歯科医療にもITの波が押し寄せてきています。 つまり、コンピュータ技術を駆使しCAD/CAMで手術用ガイドや補綴物 (かぶせもの)を作ることができるようになり、今までの手作業以上により、 安全確実にインプラント治療ができるようになりました。
この方法ですと、手術で粘膜切開(メスで切ること) を必要とせず直接歯肉の上からインプラントを埋入することができます。
前もってうわものの歯を準備しておけるため、治療全体で1時間程度。 当日に白い歯を入れられますいっぽう、 骨の状態が悪くそのままではインプラントが埋入できないような難症例でも、 前もってどのように骨が不足しているかを判断し、 PC上で骨移植などの対応を計画できるようになりました

CTとは

コンピュータ断層撮影(computed tomography)の略で、X線とコンピュータを使ってからだの断面を輪切りの状態(断層画像)で見ることが出来るようにする装置です。 断層画像からは体の各臓器の形態、大きさ、位置などを確認することが出来ます。

何のために診断を行うのか

歯医者さんではよくX線撮影をしますが、これは一方向にX線を透過させただけの簡単なもので、見たい位置の画像を撮影しなければなりません。
X線撮影をした画像は、歯の様子を見たり虫歯の治療をするためにはとても役に立ちますが、インプラントの治療においては、あごの骨の厚さや形を調べることが重要です。 CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることが出来ます。

歯医者さんではどんな説明がありますか?

歯医者さんではどんな説明がありますか?)

歯医者さんでは、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療法方やそのためにかかる費用を丁寧に説明してくれます。
コンピュータの画像は、CTを撮影した画像から作り出したあごの骨の写真です。 この画像ではどこでも見たい位置の骨の状態を見ることができ、歯医者さんではこの画像を使って手術の前に計画を立てます。

最新のインプラント手技

最新のインプラント手技
最新のインプラント手技
最新のインプラント手技
最新のインプラント手技
最新のインプラント手技
最新のインプラント手技