顎変形症について

顎変形症について

顎変形症の症例

受け口・出っ歯・開咬などの噛み合わせ異常、いびきや睡眠時無呼吸などの睡眠時の呼吸障害、顎関節障害などを伴う顎顔面の変形(先天性・成長障害)が、これに当たります。
一般に上顎あるいは下顎が前に伸び過ぎていたり、逆に顎が小さいなどで上下の歯の噛み合わせが大きくずれていたり、あるいは顔が非対称で歪んでいるような 場合は「顎変形症」と総称される病気である可能性があります。 病気であると診断された場合は、健康保険適用での治療が可能となります。
このような状態ですとうまく噛めませんし、言葉がわかりづらいなどのいろいろな障害がでてきます。

また「受け口・出っ歯」などといわれて容貌に一人悩むことも少なくありません。 現在ではこのような方々に対しては多くの場合、歯の矯正治療に顎矯正手術を組み合わせることで、治療することが可能になっています。

顎変形症の症例

当クリニックではCTとデジカメで撮影した顔写真、それに歯の石膏模型をPC上で組み合わせ、ヴァーチャル手術を行って最適の噛み合わせで理想的な顔貌になるよう治療致します。 
顎変形症に対する手術には大きく分けて二つあります。 歯科矯正治療を助けるためのSurgical Assist手術 皮質骨切りや歯槽骨切り(歯を含む骨の一部だけを切って動かす)、歯列幅径拡大縮小する手術などがありSurgical assisted orthodonticsと呼ばれています。これは一般的には日帰り手術で行えます。 
もう一つが上顎骨、下顎骨、全体を入院のうえ手術で前後、上下、左右に移動し、噛み合わせと容貌を正しく整えるやりかたです。基本的にはすべての操作を口腔内から行いますから、顔の外にずっとあとまで残る手術瘢を作ることはありません。
顎矯正手術の計画にあたって一番大切なのは、患者さんに合った適切な方法(矯正治療と手術との組み合わせなど)を探すことです。決して見かけだ けの改善に終わることなく、顎顔面の持つ重要な機能の調和を目指して、患者さんとともに治療法を模索し、最良の結果が得られるよう努力しています。